ここだけの話、あまり目立たってない香水って?

こんにちは、浦野です。
NOSE SHOPには沢山のブランド沢山の香水があり人気の香りはどれですか?とお客様にお問い合わせ頂く事がありますが、ここだけの話…あまり目立たない存在の香りがあるのも事実。

今回は目立たない存在だけど、かなりお勧めだよと言う香水をご紹介致します。
あくまで浦野調べですのでご了承くださいね!

‬ LABORATORIO OLFATTIVOからのノミネートは
こちら!
LABORATORIO OLFATTIVO/パチョリフル

名前の通りパチョリが香るこの香水。
確かに『パチョリ』単体の香りは好き嫌いが分かれる香料の一つかなと思います…何故ならパチュリはシソ科の葉っぱですが、ラベンダーやローズマリー同様のシソ科の葉から抽出されているとは思い難い、独特の香りで少しマニアック向けな香りとして受け捉えられがち。
「墨汁の匂い」「湿った土の匂い」なんて言われる香り、でも他の香りと組み合わせると途端に調和が良くなり深みが出て香り高くなり、ハマるほどクセになる香り。

この香水がクセになる理由は…

太陽が差し込んでくる温かい和室の香りがするから。包み込む優しい安心感をくれる香りがするからです。

お昼寝したくなる気分にさせてくれますよ。
シナモンやクローブのスパイスとフランジパニ(プルメリア)、アイリスのお花そしてパチョリが見事に調和した香水。

NOTE:
トップ|ベルガモット、シナモン、クローブ
ボディ|パチョリ、フランジパニ、アイリス
ベース|シトラス、シダー、ムスク

‪ 続きまして…
ETAT LIBRE D’ORANGEから目立たないけど私が大好きな香りがこちら

ETAT LIBRE D’ORANGE/ファットエレクトリシャン(過ぎ去りし美の呪い)

この香りはETAT LIBRE D’ORANGEの香水の中では地味めで存在感は薄めですが(笑)
ベチバーが綺麗に香る香水で私が大好きな香りです。

‬まず「ベチバー」とは、イネ科の植物で単体の香りは暗く湿り気と少しの焦げ感、ウッディーでアーシー、濡れた土壌の香りとよく表現されていています。
男性用の香水のベースによく使われるのですが甘い香りの女性用の香水の『甘さを引き立たせる苦味』としても使用されます。
この苦味があることで香水の格がグンと上がりますので、あるのとないのでは大違い。大変重要な役割をする香料の一つです。

そして、このファットエレクトリシャンは、ベチバーの土っぽい香りがマロンクリームの甘さを際立たせる香水になってます。
甘さの中にじんわりと暖かい感覚を覚える、肌上1㎝で静かに香る魅力。
華やかさだけが全てでは無い!

NOTE:
ハイチのベチバー、栗クリーム、オリーブの葉、ミルラ、バニラ、オポポナックス・・

ラスト!AGONISTからは…
AGONIST ‬/HOPE

AGONISTはスウェーデンのブランドで、ご夫婦二人でプロデュースしています。スウェーデンは寒い国なのでバニラなどの甘い香りや、お香などの重さのある香りを多くラインナップしており、バニラの甘い香りが苦手だった人が、『‬AGONIST(アゴニスト)』に出会ってバニラの香りを好きになったという話もたくさん聞きます。この「ホープ」の香りは真冬に一番それぞれの香料を感じる事が出来ると個人的に思ってます。

まず「ホープ」という香水はファッションブランド「HOPE」とのコラボレーションで作られており、「HOPE」のデザイナーの2人はファションブランド「Acne Studios(アクネストゥディオス)」に勤めていました。 この3つのブランド(AGONIST、HOPE、Acne Studios)に共通するのは、スウェーデンという国を体現している事です。

セイヨウスギ、イトスギ、杉などのウッディーさとペッパーのスパイス、そしてお香が綺麗に香るミニマムな北欧の雰囲気。黒い服を着ることが多くなる冬に、黒という力強い色味に負けない強さのある香りはピッタリはまります。

北欧の雰囲気が分からないという方にはインテリアショップIKEAの家具から香りそうな香りだとイメージしてもらうと伝わりやすいかもしれませんね。(IKEAはスウェーデンのブランドです)

NOTE:
トップ|オレンジの皮、ピンクペッパー、セイヨウネズ
ボディ|杉、ブラックペッパー、お香、イトスギ、タイム
ベース|サイペルス、ウッディーアンバー、砂糖漬けのオレンジ、ベチバー、ジュネ

‬ NOSE SHOPにある香水の中では『縁の下の力持ち』的存在かもしれないこの3つの香りですが、店頭でお客様とお話させて頂いて大好きな香りと言って下さる方も沢山います。
私も店頭でよく纏うほどですので、店頭にいらした際は忘れず嗅いで見てくださいね(笑)

浦野でした。

いま人気のアイテム