Tauer Perfumes (タウアー・パフューム)日本初上陸、2019年8月24日発売

2017年8月16日に新宿ニュウマンにオープンしたNOSE SHOP(ノーズショップ)は、この度、2周年を迎えました。

「鼻祭(はなまつり)」と題した、感謝祭を全店で開催中です。

オープン2周年のアニバーサリーを記念し、みなさん待望のTauer Perfume(タウアーパフューム)がついに日本へ上陸します。
8月24日(土)より、NOSE SHOP新宿・大阪にて独占先行発売をスタートします!

Tauer Perfumes (タウアー・パフューム)

香水界のマッドサイエンティスト

ブランド創設者兼調香師のアンディ・タウアー氏は、大学にて化学を専攻し、分子生物学で博士号を取得。
その後一般企業で営業責任者、ITマネージャー、プロダクトマネージャーや研究開発マネージャーなどの職種を経て、2005年にスイスにてTauer Perfumes(タウアー・パフューム)を創設した。
それまで香水に全く縁のなかったタウアー氏が香水作りに取り組むきっかけになったのは、アフリカへの旅行の前、とある本屋で手にした「エッセンスと錬金術〜香水の自然史〜」という本との出会い。
それは天然香水マニアにカルト的人気を誇る調香師マンディ・アフテルによる著作で、香水の原点である天然香料を礼賛し、香水作りの出発点を指し示した名著だった。
これを機にタウアー氏は趣味としての香水作りに独学で没頭。本屋を営む友人からの自分の店に香水を並べたいというリクエストに応じて、2つの香水を発表。
最初の作品のうちの1つ「モロッコの砂漠の風」が、「匂いの帝王」の異名をもつ香水の超辛口評論家ルカ・トゥリン氏による手放しの絶賛(5つ星の評価)を受けたことをきっかけに、ニッチな調香師としてまたたくまに世界的なスターダムを駆け上がっていった。
ブランド創設以来14年間、日々処方を研究開発し、素材を自ら作り出し、または調達し、それらをブレンドし、ボトルに詰めて、検査をした後にラベルを貼ってから出荷するという一連の業務を、スイスの山奥でタウアー氏自ら一人手作業で行っている。
また、その間ブログも更新し続け、世界中のファンとのWEBを通じた交流も欠かさず行っている。
ニッチな香水ブランドが続々と大手資本の傘下に入っていく現状を鑑みても、ニッチ香水ブームが盛り上がる以前から貫くこのタウアー氏の孤高の香水作りの姿勢は、「唯一無二の真なるニッチ香水」として、世界中の香水ラバーだけでなく、多くの現役調香師からも尊敬と憧れを集め続けている。

ラインアップ

NO 01 Le Maroc pour elle(ル マロック プール エル) 彼女のモロッコ

暖かな日差し、エキゾチックで情熱的。扇情的な激しいダンスのフィーバーに誘う。匂い立つモロッコ産のローズ・ジャスミン・シダーウッドがアフリカの情景をエロティックに描き出す。

Type:オリエンタルフローラル

Note:
トップ|マンダリンとラベンダーの含みを持つ豊かなシトラスコード
ボディ|夜明けのモロッコ産ローズの芳香と、モロッコ産ジャスミンの魅惑的な夜の香りのコンビネーション
ベース|モロッコのアトラス山脈産のシダーウッドと、オリエンタルウッドのバーム

Price:18,500円

NO 02 L'Air du désert marocain(レール デュ デゼール マロカン) モロッコの砂漠の風

パワフルで官能的でピュア。サハラ砂漠の宿のベッドに横たわって、砂丘の上に月が昇っていくのをぼんやり眺めながら、私は砂漠のオアシスを吹き渡るモロッコの夜風の香りを夢見ていた。

Type:オリエンタルスパイシー

Note:
トップ|コリアンダーとクミン、そしてプチグレインを慎重にブレンド
ボディ|ロックローズとジャスミンのかすかな香りが漂うあたたかなハートノート
ベース|乾燥したシダーウッドとベチバーと、最良のアンバーグリスとの見事なまでの共演

Price:17,500円

NO 03 Lonestar Memories(ローンスター メモリーズ) 孤高の追憶

豊かでロングラスティングなバーチタールの抒情詩。着古したレザージャケットと擦り切れたジーンズを身にまとうカウボーイ。火をおこし、乾いた森の中で一杯のコーヒーを嗜む黄昏のとき。

Type:ウッディ、シプレ

Note:
トップ|クラリセージに、グリーンゼラニウムとスパイシーなキャロットシードをブレンド
ボディ|シスタスとジャスミンのかすかな香りにリッチなスモーキーコードをのせて
ベース|ミルラ、トンカ、ベチバー、サンダルウッドなどの最高級のウッディノートと樹脂

Price:17,500円

NO 05 Incense extreme(アンセンス エクストレーム) 究極のインセンス

ミニマリストのための究極のインセンス。超臨界二酸化炭素抽したフランキンセンスを主役に。自生する砂漠の荒い気候を表現。赤く光る石炭の燻煙のように半透明で、砂漠の夜のようにクリア。

Type:オリエンタル、ウッディ

Note:
トップ|小粒でフレッシュなコリアンダー
ボディ|アイリスの根で柔らかくされたリッチなインセンス(ボスウェリア・セラータ=インド乳香)
ベース|アンバーグリスをベースにした、ドライでハツラツとしたウッディノート

Price:18,500円

NO 06 Incense rose(アンセンス ロゼ) インセンス・ローズ

それは敷き詰められたバラの花びらの上をふわふわと浮かぶ優雅な魔法のじゅうたん。花々と柑橘の間を通り抜け、立ち上る煙をかきわけて、バルサミックな樹脂の上に舞い降りる。

Type:オリエンタル、フローラル

Note:
トップ|ワイルドローズにベルガモット、クレメンタイン、カルダモンを添えて
ボディ|アイリスの根とカストリウムを引き連れたダークなインセンス
ベース|テキサス産のシダーウッド、ベチバー、バルサミコに、ミルラとパチョリのダークノートを加えて

Price:18,500円

NO 07 Vetiver Dance(ベチバー ダンス) ベチバー・ダンス

ベチバーの周りをくるくると回るダンス。黒く、湿った土のようなベチバーオイルを掘り起こせば、隠された宝石が見つけられるかも。緑の葉、透明なスパイス、柔らかい花びらの繊細なライン。

Type:オリエンタル、ウッディ

Note:
トップ|新鮮なグレープフルーツ、ブラックペッパーとクラリセージがグリーンでスパイシーなビートを刻みはじめる
ボディ|ブルガリアンローズとユリのかすかな芳香に支えられたリッチなベチバーが優雅に踊りだす
ベース|アンバーグリス、シダーウッド、そしてトンカビーンの柔らかく香りとラブダナムが静かに幕を下ろす

Price:17,500円

NO 08 Une rose chypree(ユヌ ローズ シプレ) ローズ・シプレ

伝統的なシプレのコードを引き継いだモダンなオリエンタル・ローズ。素材と製法を厳選することによって、失われし古の工芸香水の域に到達。目指したのは今日的な言葉を操る古典のバラ。

Type:シプレ、フローラル

Note:
トップ|ベルガモット、レモンピール、クレメンタインを加えたベイリーフと温かみのあるシナモン
ボディ|ブルガリア産ローズオイルとローズアブソリュート、ブルボンゼラニウムを含むリッチなローズコード
ベース|ラブダナムのレジン、オークモス、パチョリ、ベチバーとバニラがどっしりと香る

Price:22,000円

NO 09 Orange Star(オレンジ スター) オレンジスター

しっとりと落ち着いたシトラスの爽やかな味わい。すっきりとしたオレンジフラワーを中心にして、いつまでも続くかのようなソフトでエレガントなベースノート。真に豊かな柑橘系の香り。

Type:オリエンタル、フローラル

Note:
トップ|マンダリンとクレメンタインとのフレッシュなシトラスコード
ボディ|ジューシーなレモングラスとクリーンなオレンジフラワー
ベース|トンカビーンとかすかなバニラを身にまとったリッチなアンバーグリスのベース

Price:18,500円

NO 11 Carillon pour un ange(カリヨン プール アン アンジュ) 天使のカリヨン(組み鐘)

聖母マリアの涙。春の訪れを告げる森の宝物=スズランへのオマージュ。それは花と緑の聖歌隊、グリーンフローラルの喜びの歌声。この香りを創ること、それこそが私の長年の夢だった。

Type:フローラル、グリーン

Note:
トップ|イランイランと調和した柔らかいバラと、ライラックが、谷間に咲くスズランのグリーンコードを迎える
ボディ|谷間に咲く可憐なスズランとなめらかなジャスミンが溶け合って、柔らかなスエードレザーへ
ベース|オークモスとウッドで飾られたアンバーグリスの薄手のブランケット

Price:22,000円

PHI-une rose de Kandahar(ファイ-ユヌ ローズ ドゥ カンダハール) カンダハール・ローズの黄金律

アフガニスタンのバラの産地カンダハールで生産された最高品質の希少なローズオイルに触発され、それをふんだんに調香した宝石のような香り。その年に採れたローズオイルに応じた数量限定生産。

Type:フローラル

Note:
トップ|驚くべき豊かさを備えたアプリコットエキスに、ベルガモットのエッセンシャルオイルで柔らかくされたシナモンと、ビターアーモンドをブレンド
ボディ|独特の香りを持つ非常に珍しいカンダハール産ローズエッセンシャルオイルに、ブルガリア産のローズアブソリュートとブルボンゼラニウムをブレンド
ベース|ベチバー、バニラ、トンカビーンが豊かさと輝きを加え、ムスクとアンバーグリスが優雅にローズを取り囲む

Price:22,000円

Au Coeur Du Désert(オー クール デュ デゼール) 砂漠の中心で

「モロッコの砂漠の風」のエキストレドパルファム。凝縮された豊かさが、温かみのあるウッディアンバーノートの崇高な優雅さと自然な美しさを強調。日に焼けた木材から彫られた彫像のよう。

Type:オリエンタル、ウッディ

Note:
トップ|コリアンダーとクミン、そしてプチグレインを慎重にブレンド
ボディ|ロックローズとジャスミンアブソリュートのかすかな香りが漂うあたたかなハートノート
ベース|乾燥したシダーウッドとベチバーと、最良のアンバーグリスとの見事なまでの共演

Price:25,000円

価格は全て税抜表記となります。 NOSE SHOP 新宿

「NO 02 L'Air du désert marocain(レール デュ デゼール マロカン)|モロッコの砂漠の風」は、2005年に最初に作られた2つの香りのうちの一つ。
「匂いの帝王」の異名をもつ香水の超辛口評論家ルカ・トゥリン氏による手放しの絶賛(5つ星の評価)を受けたことをきっかけに、ニッチな調香師としてまたたくまに世界的なスターダムを駆け上がっていきました。
世界的な評価を世界最大の香水情報サイト「フレグランティカ」でも、3053票 4.41という超高評価を受けています。

あなたの鼻での評価は?!
ぜひ、店頭で香りを確かめてみてくださいね。

いま人気のアイテム