【5/19〜】ダンテ「神曲」着想の香水。Histoires de Parfumsより新作が登場!

こんにちは、NOSE SHOPです。
料理人兼調香師ジェラルド・ギスランが手がける香水ブランド「Histoires de Parfums」(イストワール ドゥ パルファン)より新作が登場。

香水に4つの数字でタイトルをつけるブランド。今作の番号は「1472」。イタリア文学最高の作品とも呼ばれるダンテ「神曲」の出版年。そこから着想を得た香水です。

今回は新登場アイテムの魅力を余すところなくご紹介いたします!

  • Histoires de Parfums(イストワール ドゥ パルファン)
  • 1472|神曲
  • オードパルファム 15ml|5,500円、60ml|15,400円
  • 取扱店舗|NOSE SHOP 横浜、名古屋、大阪、オンライン
  • 発売日|2022年5月19日

嗅覚で読む本
Histoires de Parfums

調香師であり料理人でもあるジェラルド・ギスランは、南フランス生まれのモロッコで育ち、 自然の恵み豊かな地中海の食材に囲まれて、色彩センスと味覚と嗅覚を磨いた。香水大学 ISIPCA(インターナショナルパフュームインスティトュート)を卒業後、2000年に調香師マーガリ・セニキエと共に「イストワール ドゥ パルファン」を設立。

「イストワール ドゥ パルファン」は、香りを通して物語を思い起こさせるような、嗅覚で読まれる本とでも言うべきコレクション。彼は、料理と同様に、情熱、ノウハウ、 そして創造性が香りを作る上でも重要であり、卓越したクラフトマンシップにより素材の良さを引き立て、調和する芳香を奏でることを目指している。

楽園と地獄の間はただ一歩

1472|神曲

1472年は中世詩歌の傑作「神曲」が出版された年。ダンテ・アルギエーリが著したこの作品は善と悪、美徳と罪、信と不信心の概念について綴られた。光と影が東からの風に乗って揺れ、 地上では禁じられた果物が熟れ、凝縮されたラムの、人を酔わせる接吻が恋人たちの唇を彩る。楽園と地獄の間はただ一歩。

トップ|アルモワーズ(ヨモギ)、イランイラン、ソーラーアコード
ボディ|ジャスミン、シナモン、インセンス
ベース|アンバー、ラムアブソリュート、ベンゾイン

Histoires de Parfumsの作風について

料理人と調香師の2つの顔を持つブランドオーナーのジェラルド・ギスラン。香りの作風にも彼のキャリアを物語るエッセンスが含まれています。

それは、どの香水にも料理に使うような香りが含まれていること。代表作の「1969」はチョコレートとコーヒー、ピーチの組み合わせを採用。また、今作の「1472」にはシナモンとラムが使われています。よく嗅いでみると美味しい香りが発見できるかもしれません。

今回は人気ブランドHistoire de Parfumsの新作をご紹介いたしました。天国を表現した輝かしいソーラーノートのトップから暗雲立ち込め、甘美なラムへの移ろう構成は絶妙です。ぜひお試しくださいね。

  • Histoires de Parfums(イストワール ドゥ パルファン)
  • 1472|神曲
  • オードパルファム 15ml|5,500円、60ml|15,400円
  • 取扱店舗|NOSE SHOP 横浜、名古屋、大阪、オンライン
  • 発売日|2022年5月19日

いま人気のアイテム