【新作】NICOLAI(ニコライ)より夏の新作「オー ドゥ ユズ」 2020年7月31日発売開始

こんにちは、NOSE SHOPです。
お料理のアクセントとして用いられたり、冬至の日にはユズ湯につかる事が邪気払いとなると言われる「ユズ」。

ユズは、夏に収穫される青玉と呼ばれる未熟な実の「青ユズ」と、冬に収穫される熟れた「黄ユズ」の2種類があるのをご存知でしたか?初夏に白く小さな花をつけながらも枝には鋭いトゲをもつユズ。そのトゲで自らが実らせるその丸い果実を守っています。私たちが普段手にとっていたあの実は、こうして守られ、大事に育まれたものだったと思うと、なんだかユズの香りが恋しくなりますね。

本日は、ゲランの血を引くパトリシア・ド・ニコライによるブランド、NICOLAI(ニコライ)の「オーフレッシュ」シリーズより、夏の新作「オー ドゥ ユズ」発売のお知らせです!

ニコライの中で最も持続力が弱く、一般的なオードトワレと同等でライトな「オーフレッシュ」シリーズですが、侮るなかれ!
主張しすぎない凛とした透明感のある爽やかさと、夏のユズの華やかでしっかりとした香り立ちの融合をお楽しみください。

NICOLAI|ニコライ

「NICOLAI(ニコライ)」は、ゲラン家の血を引く女性調香師パトリシア・ド・ニコライが創業したフレグランスブランド。1988年にフランス調香師協会による“若手調香師の国際賞”を女性で初めて受賞したパトリシアは、より自由な香水づくりを求め、夫と共にブランドを立ち上げました。ゲラン家といえば、香水界の名家。彼女は、香水業界の伝統を打ち破るかのように、店舗の隣にガラス張りのラボを設けそのラボを公開。
それまで秘匿されてきた香水作りの全行程を公にすることで、不透明なマーケティングで固められた香水産業界に透明性をもたらしました。
彼女のこの行動により、調香師の職業人としての専門性は公に示され、調香師の社会的地位を高め、男性の職業とみなされていた調香師に性別の壁を取り払うこととなります。

ブランド創立から30年以上経った今も、天然・合成問わず、最高品質の香料を仕入れ、香水を開発、生産し、小売りまでをブランド内で一貫して行っている徹底ぶり。
受け継がれる伝統に敬意を払いながら、革命を起こす。そのパイオニアとして愛されているニッチフレグランスブランドです。

先日のムエットキャンペーンでお披露目した新作「オー ドゥ ユズ」が、ついにオンラインと店頭にて発売開始!

オー ドゥ ユズ

風薫る日本庭園の散策。青々と生茂る庭木の隙間から浴びる朝日。凛としたユズのほとばしるみずみずしさを、パチョリ、ジュニパーベリーとガイアックウッドの和音が柔和に末永く包みこむ。

NOTE:
トップ|ユズ、ブチグレン、レモン
ボディ|ジュニパー、グレープフルーツ
ベース|ガイアックウッド、パチョリ
パフューマー:パトリシア・ド・ニコライオーフレッシュ
サイズ:30ml 6,000円、100ml 17,000円(税別)
発売店舗:NOSE SHOPオンライン、新宿店、銀座店、池袋店、横浜店、大阪店、札幌店

7月31日(金)より今回ご紹介した新作「オー ドゥ ユズ」の香りをお楽しみいただけます。

強い日差しや寒さにも負けないタフとその香りの爽やかさ。健気でありかつエレガントさも忘れないというブランドならではの香りの仕上がりは、本格的な夏の気候が待ち遠しくなります。

せっかく新しい服を買っても、なかなか着てお出かけする事もままならない今日この頃。
夏の風が吹くような香りをまとって、気分を新たにしてみませんか?

いま人気のアイテム