新ブランド、Eight & Bobが日本再上陸!戦火を超えた友情の香りが登場

こんにちは、NOSE SHOPです。
フランス、パリ発祥の、Eight & Bobが登場!!1937年創立、貴族のアルバート・フーケが若かりしジョン・F・ケネディとの巡りあいによって生まれたブランド。第二次世界大戦中には、ナチスによる接収をも乗り越え、現代に蘇ったという歴史があります。

今回はこのEight & Bobについてその香りたちとともにご紹介いたします!!

戦火を超えて現代に蘇りし大統領と貴族の友情の香り
Eight & Bob

「8つの香水を私に、そしてもう一つを弟のボブに」という第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディが若かりし頃、フランス貴族の友人に送った手紙がブランド名「EIGHT & BOB (エイトアンドボブ)」の由来。1930年代、パリの貴族アルバート・フーケは、執事のフィリップと共に自分自身のために最高品質のフレグランスを自作していた。パリの社交界はその極上の香りの話題で持ちきりだったが、彼は断固としてそのレシピを公開したり、それを販売することをしなかったという。

1937年の夏休みにコート・ダジュールで夏のバカンスを過ごしていた折に、アルバートはオープンカーでフランスを旅していたアメリカ人学生と出会い、意気投合することとなった。かのジョン・F・ケネディである。ケネディもアルバートの人柄と彼が身につけていた香りにすっかり魅了され、アメリカに帰国した後もその香りを忘れられず、冒頭の内容の手紙をアルバートに送ることとなった。アルバートはケネディが夏に着ていたシャツと同じ柄の箱を準備し、「EIGHT & BOB (エイトアンドボブ)」とラベルを張って9本の香水をアメリカへと送った。

ボックスの柄は、出会った際にジョン・F・ケネディが着ていたシャツから着想を得た

数カ月後、ケネディの紹介によってハリウッドの大物俳優や映画監督から香水の注文が殺到することとなり、「EIGHT & BOB (エイトアンドボブ)」は一躍香水業界の話題を独占したのも束の間、1939年の自動車事故でアルバートは帰らぬ人となってしまった。すぐ第二次世界大戦が本格化し、アルバートの邸宅がナチスに接収された際には、本をくり抜いてそこに香水とレシピを隠すという、執事のフィリップの機転によって、この貴重な香水たちは戦火を免れることとなった。数十年の歳月を経て、フィリップが残した数々のレシピが彼の子孫によって発見され、3年以上の月日をかけてそれらの香りが復元・再生産されることとなった。

「ジ・オリジナル」100mlサイズ。執事フィリップの機転にオマージュを捧げ、くり抜いた本の中に収められた特別なパッケージ

なお、アルバートは生前の1934年に、イタリア大使の招待によってチリに訪れ、アンデス山脈で特別な芳香植物を発見し、それを「アンドレア」と名付けている。アンドレアは、標高が高い場所にしか育たず、生産量が非常に少なく、12月から1月にかけてのわずかの期間しか収穫できない野生の植物である。採取された植物のうち、わずか7%しか最高の香水原料として認められない非常に厳しい選定プロセスが実施され、その収穫高をみて「EIGHT & BOB (エイトアンドボブ)」の毎年のボトリング本数と各国への割り当て数が決定されている。

ラインアップ(全6種)

ジ・オリジナル

1930年代、パリの社交界を魅了し、ジョン・F・ケネディやハリウッドスターたちにも愛された、アルバート・フーケ作の歴史に残る名香。フランスの本物のエスプリを、現代の貴族のために。

トップ|カルダモン、レモン、ピンクペッパー
ボディ|ドライウッド、ラブダナム、バイオレットリーフ
ベース|アンバー、サンダルウッド、ベチバー

キャップ・ダンティーブ

南仏のコート・ダジュール。若きケネディとアルバートが出会った夏の海辺のリゾート地、フレンチ・リヴィエラの小さな村アンティーブ。朝はセイリングを楽しみ、夜は煌びやかなパーティー。爽やかで優雅な夏の香り。

トップ|バーチ、ミント、バイオレットリーフ
ボディ|アロマティックノート、シナモン、モス
ベース|シダーウッド、インセンス、バニラ

エジプト

1935年、幼馴染に再会するために渡ったエジプト。古代文明。圧倒的な景観とエキゾチックな芳香にすっかり魅了されたアルバートは、滞在時間を伸ばしてまで自身の香りでそれらを表現することに没頭し続けた。

トップ|ラベンダー、レモン、モス
ボディ|カルダモン、ナツメグ
ベース|レザー、パチョリ、サンダルウッド

メモワール・ドゥ・マスティック

カリブ海の島々が織りなす魔法への賛美。何者かになろうと格闘する全ての人のためのもの。透き通る海、永遠に続くような夕暮れ。変わることのない風景の記憶を伝える過去への旅。未完のレシピをモデファイした作品。

トップ|ベルガモット、ネロリ、プチグレイン
ボディ|ジャスミンサンバック、オレンジフラワー、オスマンサス
ベース|アンバー、プレシャスウッド、ホワイトムスク

ニュイ・ドゥ・ムジェーブ

1936年の冬のある夜、スキー・リゾート地でアルバートの全てが変わった。ハンガリー貴族アニックとの電撃的な出会い。類稀な美しさと生まれもったエレガントさ。温かい暖炉の前の夢見心地な一夜の思い出。

トップ|ブラックコーヒー、アイリス、トンカマメ
ボディ|モス、タバコ、ベチバー
ベース|クローブのつぼみ、グレープフルーツ、プチグレイン

シャン・ドゥ・プロバンス

毎年春になると友人たちと訪れるプロヴァンス。友から遠く外国の任務へと旅立つと告げられた。別れのギフトしてアルバートが送ったのは香水瓶に詰めた思い出の地。南仏プロヴァンスの春の美しさを凝縮した香り。

トップ|ジャスミン(Abs)、ローズ(Abs)、オレンジフラワー
ボディ|アンブロックス、マテ、モス
ベース|ベルガモット、オレンジ、ペアー

2022年2月9日には、NOSE SHOP Instagram内IGTVでもEight & Bobの魅力をご紹介いたしました。こちらもぜひご覧くださいね!


ボトルや香り1つをとっても伝説的なエピソードの数々。貴族、アルバート・フーケのレシピによって作られた、フランス流のエスプリが効いた香水の登場です。気品あるクラシカルなアイテムたちをぜひお楽しみください。

  • Eight & Bob(エイトアンドボブ)
  • ラインアップ 全6種
  • オードパルファム 30ml|9,350円、100ml|23,100円〜
  • 取扱店舗|NOSE SHOP 新宿、オンライン
  • 発売日|2022年2月11日

いま人気のアイテム